夢の弾き語りソフト Harmony Player & いいジャ~んコード譜 のページです 本文へジャンプ
専用譜面ソフトでもっと便利に 無料ソフト
高機能有料版もあります(違いはココを見てください)
News Ver2.1 2010/8/6 公開 UPDate内容は ダウンロードページで
ハーモニープレーヤ専用楽譜&
コード譜作成ソフト新登場
コード譜がこんなに楽チンにかけるなんて夢のよう! オリジナルソングのミュージシャン必見!!
とても斬新なインターフェイス そして自由な編集 更にコード譜で演奏!
全自動ボタンはコード譜の概念を根底から変える!!

※下記の画面は開発途中のものです。更に詳しい資料は左メニューの「譜面ソフトHELP」を参照
●ハーモニープレーヤ用楽譜●

この切り替え瞬間です

●通常のコード譜●

全体画面です。左がキャンバス・右がツール群です

特長:
  • ハーモニープレーヤーの専用楽譜が作成できます。
  • 通常のコード譜にも対応。
  • 微妙な位置編集可能(シンクロモード)。正確な位置にコードが入ります。
    また自動生成機能が充実!
  • 出来たコードで演奏が可能です。
  • 高機能版(有料 1000円程度を予定)は更に豊富な機能です。
  • 編集を無造作にしても、演奏順決定モードで順次演奏できます。[オートマ機能]
  • キーボードやマウスで演奏が可能です
    十分弾き語りが出来るレベルです。
    特にキーは押すだけで順に進んでくれますのでお子様でも演奏が可能です。

    弾き語りサンプル:
    http://www.stickom.jp/hp/nadasoso.mp3
  • コード入力はマウス入力・文字入力・コード譜変換入力(めちゃ楽)です。
  • セットにないコードは手入力も可能。
    A#monB等のコードも入力できます。
    無いコード演奏は自動的に最適な省略コードでほぼ殆どの和音を代替してくれます。
    演奏スタイルは
    ・ピアノストローク
    ・ギター&エレピ

    の2種を選択
    ※beetは将来のための準備です。今は機能しません。
  • アルペジオは速さ(BPM)に合わせて引くことが可能です。
  • 既存のコード譜テキストがあれば3秒後には弾き語り可能 目玉機能
     このボタンはコード譜の「時代」を変えることになるでしょう
    このような
    テキストのコード譜があれば
    瞬時にハーモニープレーヤー
    コード譜

    弾き語りモードになります。
    すぐさま伴奏が可能になります
    伴奏モードは

    このボタンです。
    コードの上にプレーボタンがつきます。

  • もちろん本来の印刷も「正確」「高精細」で印字できます。
    印字(PDF)見本はこちらを見てください。http://www.stickom.jp/hp/sample.pdf
    PDF作成無料ソフトご紹介
    一押しは日本での開発で安定感のある
    がお勧めです(無料)
    CubePDF CubeSoft Free
    PrimoPDF 日本語版 VectorよりDL エクセルソフト社 Free

  • J-TOTAL(コード譜サイト)のテキストをテキストとして表示できたり、移調まで出来るソフト
    J-TOTALMUSICブラウザ(T.Yamazaki氏開発)はとても便利です。
    ※個人として楽しむ以外、歌詞はJASRACの許可なしに掲載することはできません。
    すばらしいソフトです。ダウンロードはこちらから


操作マニュアル (完全手動なエディターとしても便利で正確なコード譜作成が可能です)
1、まず歌詞用のテキストを準備します。
基本はコピー&貼り付けなどで歌詞を黄色いテキストボックスに準備します。
綺麗に並んでいる必要はまったくありません。

必要なところをドラッグして切り出しが可能です。
2、必要な部分を切り出してキャンバスへ
基本、1行づつドラックすると下側の窓に、ドラッグした部分が表示されます。
細かく切り取っても可能ですが、1行単位ですると編集が楽です。
ドラックしたらエンターキー[Enter]もしくはマウスクリックで入力できます。
キャンバスにこのように入ります。
現在編集中の部品に赤くしるしがつきます。

3、Wクリックすると緑色のコード&ソングシンクロモード
当ソフトの新しい概念「シンクロ編集」です。
↑アイコンが登場します。
← →キーで文字の約1/3づつ移動ができます。
コードを入れる位置を自由に操作できます。


カーソル移動している様子です。
4、入れたい位置が確定したら、右のコードパレットから。
いよいよコードの入力です。 例 A#mの場合
   と順に押します。
ハーモニープレーヤー専用コードの場合は


普通のコードのときは

のようにあらかじめセットして置いてください。
ハーモニープレーヤー専用コードとは?

キーの組み合わせを誰でもが解かるように開発した規格です。
これにより、より簡単に弾くことが出来ます。

例)
  
5、シンクロモードでは入力後もカーソル移動が自動
約2文字分入力後移動します。
右は標準コードの入力画面です。
6、文字の隙間がなくってコードが入らないときは?
右の図のメモ帳アイコンをクリックすると、文字入力モードになります。
「シンクロ編集」ではおおむね↑アイコンの近くに文字カーソルも出現します。
スペースキーなどで送って隙間を空けてください。
※文字のプロポーションの関係上正確にはカーソルが出現しません。あしからず・・・


7、編集機能は・・・
●同じ歌詞や同じコードは[F1]キーで複製
●フォントのサイズや「赤・黒」文字切り替えは、その部品を選択して、[F2]を押すと変更できます。
●部品を選択して[F3]を押すと部品を消去します
  移動を正確にするには
横のみにスライド=[Shift]キーを押しながら
縦のみにスライド=[Ctrl]キーを押しながら
※Macの場合はキーを適せん読み替えてください
<詳細解説>

Shiftを押しながら移動すると...
Am7______→Am7 と横に正確に

Ctrlを押しながら移動すると
  Am7
  |
  |
  Am7 と縦に正確に移動します
8、完成に近づきました。

9、ハーモニープレーヤー楽譜はこのような感じに仕上がります。

高機能 有料版との違い 1500円(税別)
●楽器の音色が無料版2種に対し4種から選択できます。(無料版でも音色だけは確かめることが可能)
●演奏順序の記録が無料版750に対し、倍の1400記憶可能 これにより大方の曲で4分音符単位で順序が指定できる。
●演奏順を手入力で修正した結果を記録できる
●演奏時キーコントロール(音程の高さ)を調整した音で、自分の声にあわせ演奏が可能。
●印刷時、本ソフトのロゴが下部に小さく印字されるのを消去。
●アルペジオ演奏時、スペースキーで一時停止が可能。曲の終わりなどにジャーンと終れます。
●コードの文字色が、無料版では青1色、有料版では他に「赤」「黒」が選択できます
●歌詞や文章の文字色が、無料版では赤・黒2色に対し、有料版では「緑」「青」が追加されます。
※有料版ではメールサポート・オリジナルソングの発表サイト利用など今後のイベントで優遇条件